HOME プロフィール

FC2USER413362HYA

Author:FC2USER413362HYA
FC2ブログへようこそ!

最新記事 カテゴリ 月別アーカイブ 全記事表示リンク

SNSからのはみ出しブログ


患者調査 カテゴリーの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国県別分析(傷病基本分類) 2011年患者調査 総患者数の急増した疾病項目


傷病基本分類別総患者数の全国合計値について2011年の標準化スコア(1996-2008年(3年間隔)の平均値と標準偏差に基づき算出)を再掲すると

標準化スコアが3以上の項目:
IV 内分泌,栄養及び代謝疾患

標準化スコアが2以上の項目:
XVI 周産期に発生した病態
XIX 損傷,中毒及びその他の外因の影響
XXI 健康状態に影響を及ぼす要因及び保健サービスの利用
IX 循環器系の疾患
VI 神経系の疾患

標準化スコアがマイナス2以下の項目:
XV 妊娠,分娩及び産じょく
I 感染症及び寄生虫症

でした。うちIVについては前の投稿で図表を示し、かなりの数の県で2011年に異例の高い値となっていることを見ました。
以下ではそれ以外の分類項目についても広範な県で高い値が出ており、かつそれ以外の県も多くが正値であることを確認します。必ずしも病気というわけではないXXIも比較に含めます。一方でXVIとXVについては総患者数が31千人、121千人(データは千人単位です)と少ないので県別の分析は難しいとみなして対象から除きます。

今回は表は省略し、まず2011年の標準化スコアのグラフを示します。参考のため他の年も含めたグラフを後でまとめて掲載します。

まず全国の標準化スコアが2以上の3項目です。

XXI 健康状態に影響を及ぼす要因及び保健サービスの利用
標準化スコア3以上となったのは青森、東京、富山、山梨、三重、滋賀、兵庫、高知、沖縄の9都県です。この項目にはある程度時系列上の上昇トレンドがあるのですが、それを考慮しても標準化スコア3は大きな値です。

2011年県別標準化スコア_基本分類XXI健康状態に影響を及ぼす要因及び保健サービスの利用

XIX 損傷,中毒及びその他の外因の影響
標準化スコア3以上となったのは埼玉、神奈川、石川、福井の4件です。地理的な分布からみて東日本大震災の影響ではなさそうです。

2011年県別標準化スコア_基本分類ⅩⅨ損傷,中毒及びその他の外因の影響


IX 循環器系の疾患
標準化スコア3以上となったのは埼玉、東京、岐阜、兵庫、香川、佐賀の6都県です。いずれもそれ以前の期間におけるばらつきの範囲から外れた値です(後に掲載のグラフで確認できます)。

2011年県別標準化スコア_基本分類IX循環器系の疾患

VI 神経系の疾患
標準化スコア3以上となったのは岩手、埼玉、石川、静岡、大阪、徳島、佐賀、熊本、大分の9府都県です。

2011年県別標準化スコア_基本分類VI神経系の疾患

同様に前の投稿で見たIV 内分泌,栄養及び代謝疾患(全国の標準化スコアが3以上)についても値の大きな県を確認すると、標準化スコアが3となったのは栃木、群馬、東京、神奈川、富山、石川、長野、岐阜、広島、沖縄の10都県です。

このように全国合計の標準化スコアが大きな基本分類項目はいずれも全国的に患者数が2008年の平均より多く、かつ標準化スコア3以上の県が少なからずあります。また個々のグラフのコメントでは触れませんでしたが、3に近い、あるいは2以上の県もかなりあります。
総じて、これらの病気(IV内分泌・栄養・代謝、VI神経系、IX循環器系、XIX損傷・中毒等)は2011年全国的に患者数が多く、かつ1996年以降の傾向では説明のつかない異例の増加も少なくない県で見られたと言えるでしょう。
これら4種類をあわせてみると基本分類3項目(IV内分泌・栄養・代謝、VI神経系、IX循環器系、XIX損傷・中毒等)いずれかの標準化スコアが3以上となったのは岩手、栃木、群馬、埼玉(2項目)、東京(2項目)、神奈川、石川、福井、長野、岐阜(2項目)、静岡、大阪、兵庫、広島、徳島、香川、佐賀(2項目)、熊本、大分、沖縄の17都府県となります。北海道・東北が岩手しかないことと、西日本の日本海側および太平洋側の県があまりないことが特徴でしょう。
このような分布からみて、東日本大震災の影響によるものとは考えにくいでしょう。被災地以外で増加が目立つのですから。

ただしこうした地理的分布は傷病分類の内訳を見ていけば違う傾向が出てくる可能性もあります。

日本地図塗り分け_基本分類4種の標準スコア3以上ある県



次に全国の標準化スコアがマイナス2以下の項目です。
I 感染症及び寄生虫症
これは全国的に減っています。標準化スコアがマイナス3以下となったのは岩手と秋田の2県です。

2011年県別標準化スコア_基本分類I感染症及び寄生虫症


(参考)

以下、最後に1996年以降の全データを表示したグラフを一括して掲載します。


1996-2011年県別標準化スコア_基本分類XXI健康状態に影響を及ぼす要因及び保健サービスの利用
1996-2011年県別標準化スコア_基本分類ⅩⅨ損傷,中毒及びその他の外因の影響
1996-2011年県別標準化スコア_基本分類IX循環器系の疾患
1996-2011年県別標準化スコア_基本分類VI神経系の疾患
1996-2011年県別標準化スコア_基本分類I感染症及び寄生虫症


(注) 2011年の前の調査は2008年なので、患者調査のデータからは疾病の増加が2009年から2011年の間のいつから始まったのかはわかりません。ただし、人間ドック検査項目別統計(年次データ)では2011年に各種指標が同時に悪化しています(http://snsout.blog.fc2.com/blog-entry-4.html おもに全国合計を分析)。


スポンサーサイト

全国の分析に着手 2011年患者調査 総患者数の急増した疾病項目


これまでの投稿(カテゴリ"患者調査")で東京都のデータは一通り見たのでこれから全国の動向について調べてみます。

まずは全国合計値で当たりを付けます。2011年は福島県全体と宮城県の一部の地域が調査対象外なので値が若干過小となるはずですが、ここでみるような大きな動きの検出にはそれほど問題なさそうです。
疾病基本分類別の総患者数をそれぞれこれまでと同様の方法により年次間で標準化し、2011年間の標準化スコアを計算しました(既往1996-2008年のデータによる平均値と標準偏差を使用)。結果は以下の表のとおりです。基本分類は標準化スコアの大きな順に並べてあります。とくに基本分類Ⅳ(内分泌,栄養及び代謝疾患)の急増が目立ちます。

2011全国計標準化スコア_基本分類

標準化スコアが3以上の項目:
IV 内分泌,栄養及び代謝疾患

標準化スコアが2以上の項目:
XVI 周産期に発生した病態
XXI 健康状態に影響を及ぼす要因及び保健サービスの利用
IX 循環器系の疾患
VI 神経系の疾患

標準化スコアがマイナス2以下の項目:
XV 妊娠,分娩及び産じょく
I 感染症及び寄生虫症



次にこれらの県別動向を確認します。
とりあえず「IV 内分泌,栄養及び代謝疾患」について都道府県別の時系列推移を確認したところ、下の表のとおり2011年は殆どの県で増加しており、しかもそれまでに比べて急な増え方をしている県もかなりあることがわかりました。

都道府県別にみた基本分類Ⅳ(内分泌,栄養及び代謝疾患)の患者数推移



2011年の標準化スコアを棒グラフにしてみるとその様子がよくわかります。3以上の値が10県もあり、東京はその中でも飛びぬけています。

基本分類Ⅳ(内分泌,栄養及び代謝疾患)の都道府県別総患者数2011年の標準化スコア


やや煩雑になりますが他の年も合わせて標準化スコアを折れ線グラフにしてみると、2011年以外の年は全ての件がプラスマイナス2以内に収まっています。標準化スコアが2以上であればかなり高い値と見てよいでしょう。ただし2000年代は1990年代より全体の水準が上がっています。そうしたトレンドを考慮しても標準化スコア3以上は異例に大きな値とみてよさそうです。

基本分類Ⅳ(内分泌,栄養及び代謝疾患)の都道府県別推移 総患者数の標準化スコア


(注) 2011年の前の調査は2008年なので、患者調査のデータからは疾病の増加が2009年から2011年の間のいつから始まったのかはわかりません。ただし、人間ドック検査項目別統計(年次データ)では2011年に各種指標が同時に悪化しています(http://snsout.blog.fc2.com/blog-entry-4.html おもに全国合計を分析)。


傷病小分類の年齢別内訳:東京都在住者疾患急増項目(2011年「患者調査」)


この投稿は続報です。
既報はこちら
[東京都在住者の各種疾患急増(2011年「患者調査」)] http://snsout.blog.fc2.com/blog-entry-6.html
[東京都在住者疾患急増の小分類内訳(2011年「患者調査」)] http://snsout.blog.fc2.com/blog-entry-8.html
[年齢別内訳:東京都在住者疾患急増、高齢者で顕著(2011年「患者調査」)]http://snsout.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

2011年「患者調査」で東京都の総患者数が急増した以下の項目について
年齢層別の動きを確認するためグラフを作成しました。
傷病小分類別のデータを使ったところ、
以前に作った基本分類の年齢層別グラフより明瞭な傾向が得られました。
情報のノイズが減ったということでしょう。
全体に高齢者の増加が目立つのですが、項目によっては45-54歳の中年層でも
顕著に増加しています(インスリン非依存性糖尿病、高脂血症、
脊椎障害(脊椎症を含む)、肩の傷害<損傷>)。
65歳以上の年齢層は色々な傷病が急増していますが、とくに元から患者数の多い本態性(原発性)高血圧(症)は前回調査(2008年)から32万人も増えています。これは東京都の65歳以上人口全体(260万人程度)の12%にあたりますからすごい増え方です。

複数の年齢層で同時に患者数が増加しており、増え方も急で大幅(数十%から百%程度となっている疾病・年齢層が多数ある)です。高齢化ではこの動きを説明できないでしょう。本来は患者数でなく罹患率データを使えばより明確になるはずですが。

傷病項目の選び方はまず基本文類(6期分)で急増した項目をとり出し、
さらにその小分類別内訳(4期分)で急増した項目をとり出します。
ここまではこれまでの投稿でやった作業です。
これを年齢別にグラフ化するに際しては
さらに患者数が数万人以上の項目に絞り込みました。
データが千人単位なので数十単位以上です。
年齢で十階層に分けるのでこれくらいの単位数は必要です。


基本分類IV 内分泌,栄養及び代謝

インスリン非依存性糖尿病_年齢層別_棒グラフ
高脂血症_年齢層別_棒グラフ

インスリン非依存性糖尿病は、45歳以上の各年齢層で急増が明らかです。
高脂血症も似た傾向ですが、55-64歳層だけはそれほどでもありません。


基本分類IX 循環器系

本態性(原発性)高血圧(症)_年齢層別_棒グラフ

本態性(原発性)高血圧(症)は65歳以上の各年齢層で急増が明らかです。


基本分類X 呼吸器系

その他の急性上気道感染症_年齢層別_棒グラフ

その他の急性上気道感染症についてはそれほど顕著な傾向はありませんが、どの年齢層でも前期(2008年)より高い値となっています。


基本分類XIII 筋骨格系及び結合組織

脊椎障害(脊椎症を含む)_年齢層別_棒グラフ
関節症_年齢層別_棒グラフ
肩の傷害<損傷>_年齢層別_棒グラフ

脊椎障害(脊椎症を含む)、関節症、肩の傷害<損傷>いずれも75歳以上の2つの年齢層で増加が顕著です。それほどではありませんが55-64歳と65-74歳の層も増えています。
また脊椎障害(脊椎症を含む)と関節症は45-54歳の層でも増加が顕著です。


基本分類XXI 健康状態に影響を及ぼす要因及び保健サービスの利用

歯の補てつ_年齢層別_棒グラフ
歯の補てつは75-84歳で増加が顕著です。それ以外に35-44歳、45-54歳、65-74歳も過去4期中最高となっています。

それ以外の検査・健診・管理_年齢層別_棒グラフ
検査・検診・管理は成人の各年齢層で増えていますが、とくに45-54歳の層でとても顕著です。理由は分かりません。

予防接種_年齢層別_棒グラフ
予防接種は未成年及び65歳以上で顕著に増加しています。インフルエンザの流行があったせいでしょうか。


(注) 2011年の前の調査は2008年なので、患者調査のデータからは疾病の増加が2009年から2011年の間のいつから始まったのかはわかりません。ただし、人間ドック検査項目別統計(年次データ)では2011年に各種指標が同時に悪化しています(http://snsout.blog.fc2.com/blog-entry-4.html おもに全国合計を分析)。


(詳報) 東京都在住者疾患急増の小分類内訳、2011年「患者調査」より


先日の続きです。
2011年「患者調査」で東京都の数値を確認したところ、各種疾病の総患者数が急増しています。
以前の投稿で傷病中分類別の内訳を調べました(http://snsout.blog.fc2.com/blog-entry-6.html)。
本稿では傷病小分類でさらに具体的な疾病名を確認します。
政府の統計Webサイトでデータが公開されている2002年から2011年までの値を比較しました(1996年と1999年は小分類別データ掲載なし)。

まずおさらいですが、急増した基本分類は以下の5項目です。1996年以降のデータ(3年間隔)で確認しました。

  IV 内分泌,栄養及び代謝疾患
  IX 循環器系の疾患
  X 呼吸器系の疾患
  XIII 筋骨格系及び結合組織の疾患
  XXI 健康状態に影響を及ぼす要因及び保健サービスの利用

これらの大分類項目それぞれについて小分類別の患者数推移を示します。これまでの分析と同様、2008年以前の平均値と標準偏差に基づき算出した2011年の標準化スコアが大きな疾病を確認していきます。平均値や標準偏差を計算するのに3期分のデータではかなり少ないので、5期分のデータで計算した中分類データでの結果などを参照しながら気をつけて使うようにしています。

   標準化スコア=(2011年の値-平均値[02年から08年])/標準偏差[02年から08年]

東京都在住の患者数推移 急増した基本分類4の内訳小分類(単位 千人)

IV 内分泌,栄養及び代謝疾患

 標準化スコアの大きな小分類項目:
  インスリン非依存性糖尿病、
  高脂血症。

いずれもとても高い値で、患者数は2008年以前と比べて概ね倍増しています。

東京都在住の患者数推移 急増した基本分類9の内訳小分類(単位 千人)

IX 循環器系の疾患
 標準化スコアの大きな小分類項目:
  本態性(原発性)高血圧(症)
  陳旧性心筋梗塞
  脳動脈硬化(症)
  不整脈及び伝導障害
  脳梗塞

前3者はとても大きな値です。患者数は圧倒的に本態性(原発性)高血圧(症)が多いです。それに比べて患者の絶対数は1ないし2桁少ないですが、陳旧性心筋梗塞と脳動脈硬化(症)も急増しています。脳動脈硬化(症)は千人単位ではゼロとなる年があって比較がむずかしいですが、それ以外の本態性(原発性)高血圧(症)と陳旧性心筋梗塞は2008年以前と比べて概ね患者数1.5倍増以上です。
それに対して標準化スコアはそれほど大きくないのですが、不整脈及び伝導障害、脳梗塞も増えています。ただしこの程度のスコアであれば逆に同じくらいマイナスになっている疾病がいくつもあります。

東京都在住の患者数推移 急増した基本分類10の内訳小分類(単位 千人)

X 呼吸器系の疾患
 標準化スコアの大きな小分類項目:
  その他の急性上気道感染症
  慢性閉塞性肺疾患
  喘息

前2者は大きな値で、2008年以前と比べて患者数概ね1.5倍増です。それほどではありませんが肺炎も増えています。

東京都在住の患者数推移 急増した基本分類13の内訳小分類(単位 千人)

XIII 筋骨格系及び結合組織の疾患
 標準化スコアの大きな小分類項目:
  乾燥症候群[シェーグレン症候群]
  その他の炎症性多発性関節障害
  関節症
  脊椎障害(脊椎症を含む)
  肩の傷害<損傷>

いずれも高い値です。シェーグレン症候群と、その他の炎症性多発性関節障害はいずれも絶対数はそれほど多くないですが患者数は2008年以前の2倍超です。
関節症、脊椎障害(脊椎症を含む)、肩の傷害<損傷>はいずれも患者数は概ね2008年以前の1.5倍以上です。前2者は患者数自体がかなりあります。

東京都在住の患者数推移 急増した基本分類21の内訳小分類(単位 千人)

XXI 健康状態に影響を及ぼす要因及び保健サービスの利用
 標準化スコアの大きな小分類項目:
  予防接種
  歯の補てつ
  それ以外の検査・健診・管理

いずれも高い値です。歯の補てつが患者数1.5倍増ということは歯の調子が悪かったのでしょう。他の2項目は必ずしも病気というわけではなさそうです。


(注) 2011年の前の調査は2008年なので、患者調査のデータからは疾病の増加が2009年から2011年の間のいつから始まったのかはわかりません。ただし、人間ドック検査項目別統計(年次データ)では2011年に各種指標が同時に悪化しています(http://snsout.blog.fc2.com/blog-entry-4.html おもに全国合計を分析)。

年齢別内訳:東京都在住者疾患急増、高齢者で顕著(2011年「患者調査」基本分類)


年齢別内訳 東京都在住者疾患急増(2011年「患者調査」)

この投稿は続報です。既報はこちら[東京都在住者の各種疾患急増(2011年「患者調査」)] http://snsout.blog.fc2.com/blog-entry-6.html、[東京都在住者疾患急増の小分類内訳(2011年「患者調査」)] http://snsout.blog.fc2.com/blog-entry-8.html

2011年「患者調査」で東京都の総患者数が急増した以下の項目について
年齢層別の動きを確認するためグラフを作成しました。

大分類IV 内分泌,栄養及び代謝
大分類IX 循環器系
大分類X 呼吸器系
大分類XIII 筋骨格系及び結合組織
大分類XIX 損傷,中毒及びその他の外因の影響
大分類XXI 健康状態に影響を及ぼす要因及び保健サービスの利用


その結果、2011年に増加の顕著な年齢層は以下のとおりです。(それ以前(1996~2008年)より明らかに値が高く、かつ前回調査までの上昇傾向では説明がつかないと思われるものを目視で選びました)。かなりの年齢差があることがわかります。

内分泌: 55歳から84歳
循環器系: 65歳以上
呼吸器系: 5~14歳と75歳以上
筋骨格・結合組織: 65歳から84歳
損傷・中毒その他: 5~14歳と85歳以上
保健サービス: 35歳から54歳と65歳以上

6項目のうち4項目は65歳以上層、2項目は5~14歳が該当。1項目のみ該当は35~44歳、45~54歳、55~64歳。
総じて65歳以上が顕著で、次いで5~14歳といったところです。
とくに65歳以上は患者数の多い循環器系、筋骨格・結合組織、内分泌でいずれも増加が顕著なため、全体の増加への影響はとても大きいと考えられます。

データは厚労省「患者調査」の総患者数(患者住所地)です。

以下、グラフです。

大分類Ⅳ内分泌 総患者数(患者住所地)東京都 年齢層別


大分類Ⅸ循環器系 総患者数(患者住所地)東京都 年齢層別


大分類Ⅹ呼吸器系 総患者数(患者住所地)東京都 年齢層別


大分類ⅩⅢ筋骨格・結合組織 総患者数(患者住所地)東京都 年齢層別


大分類ⅩⅨ損傷・中毒その他 総患者数(患者住所地)東京都 年齢層別


大分類ⅩⅩⅠ 保健サービス 総患者数(患者住所地)東京都 年齢層別


(注) 2011年の前の調査は2008年なので、患者調査のデータからは疾病の増加が2009年から2011年の間のいつから始まったのかはわかりません。ただし、人間ドック検査項目別統計(年次データ)では2011年に各種指標が同時に悪化しています(http://snsout.blog.fc2.com/blog-entry-4.html おもに全国合計を分析)。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
全記事表示リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。