HOME プロフィール

FC2USER413362HYA

Author:FC2USER413362HYA
FC2ブログへようこそ!

最新記事 カテゴリ 月別アーカイブ 全記事表示リンク

SNSからのはみ出しブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『調査報告 チェルノブイリ被害の全貌』の健康データ(2)リクビダートルとの比較


『チェルノブイリ被害の全貌』には、チェルノブイリ原発事故による汚染地域住民の健康状態は、事故直後に原発で緊急作業に従事した人々(リクビダートル)より悪いかもしれないという記述があります。

(本書を紹介した投稿 http://snsout.blog.fc2.com/blog-entry-5.html
(本書のデータに関する以前の投稿 http://snsout.blog.fc2.com/blog-entry-7.html


(135頁)「 リクビダートルは大惨事後、もっとも包括的に[その健康状態を]観察された集団だった。ロシア人リクビダートルが患う12種の疾病群の発生率に関する衝撃的なデータを表5.77に示す。
 放射能汚染地域に住む人びとの健康状態が、リクビダートル群より悪いかもしれないと考えるのには理由がある。表5.78と表5.79に、ベラルーシとウクライナの汚染地域に住む人びとの健康状態の悪化に関する総合的な所見を示した。」

それらのデータをグラフ化してみました。まずロシアのリクビダートルはこちら。1993年にはほぼ全ての人(98.9%)に神経系・感覚器の疾患があったほか、明らかに大多数の人が複数の疾患を抱えていたことが分かります。各種疾患の発生率は1986年から1993年の間に概ね十倍から数十倍に拡大しました。

リクビダートルにおける12疾患群の発生率
リクビダートルにおける12疾患群の発生率(対数目盛)



それに対して汚染地域住民のデータは以下のとおりです(注)。
まず北ウクライナ(成人および15-17歳の少年少女)は一見するとリクビダートルとよく似た傾向に見えますが、疾患の構成はかなり異なっています。1992年にはほとんどの人(98.4%)が呼吸器系の疾患を有し、他にも皮膚・皮下組織(60.8%)などはリクビダートルには見られない高率です。筋肉・骨(73.4%)も高い値ですが、リクビダートルと比較はできません。

(注)これらの数値は対象年数が少ないことを除けば『チェルノブイリ原発事故がもたらしたこれだけの人体被害』(85頁の表7-1、86頁の表7-3)http://snsout.blog.fc2.com/blog-entry-3.html と同じです。


北ウクライナ1987-1992年の疾患発生率(7種類)


もう一つはゴメリ州(ベラルーシ)に住む15-17歳の少年少女です。これらの子供のうち1997年には82%が呼吸器系の疾患にかかっていました。各種疾患発生率の増加は、増加の大きな疾患で1997年までに百倍から3百倍増加しています。ただしこのデータは事故前の1985年からの数値を含んでおり、対象期間も長い(1985年から1997年)ことが顕著な増加に影響している可能性があると思われます。

ゴメリ州(ベラルーシ)に住む15-17歳の少年少女における疾患発生率


これらのグラフからみて、汚染地域住民の健康状態の疾患発生率は、事故発生時の緊急作業に従事した人びと(リクビダートル)に匹敵するほど悪化しているようです。そして疾病の内容は両者の間で相違があります。

3つのデータを比較するグラフを以下に示します。疾病の項目が一致しておらず、年次もずれがあるのですが大まかな傾向の違いはつかめます。
北ウクライナは循環器系、筋肉・骨、消化器系、皮膚の疾患が多くなっています。リクビダートルと比べると、循環器系と皮膚ははるかに上回っており、消化器系は同程度です。筋肉・骨についてはリクビダートルの数値がありません。一方、リクビダートルは神経系、呼吸器系、消化器系、精神障害、内分泌系、循環器系の疾病発生率が高く、北ウクライナより顕著に高いのは神経系、精神障害、内分泌系です。
ゴメリは呼吸器系だけが突出しています。それ以外については成人を含まないためか、各種の疾患が数十倍から数百倍に拡大しても、発生率は他のデータと比べればなお低水準です。

疾患発生率の比較(リクビダートルと汚染地域住民)



スポンサーサイト

(傷病中分類)全国県別分析 2011年患者調査 総患者数の急増した疾病項目


傷病基本分類に続いてやや詳細な傷病中分類の県別動向を調べます。これでかなり具体的な病気の種類を絞り込めます。また患者調査のWebサイトで提供しているデータのうち、1996年まで遡れるものとしてはこれが一番詳細な分類です。
総患者数の全国合計値について2011年の標準化スコア(1996-2008年(3年間隔)の平均値と標準偏差に基づき算出)が大きな、つまり2011年の増加が顕著であった疾病は以下のとおりです。

(傷病中分類) 2011年患者調査 全国総患者数の急増した疾病項目

標準化スコアが5以上の項目:
XIII 筋骨格系及び結合組織の疾患
  ・肩の傷害<損傷>

全国合計でこの値はとても大きいです。総患者数が279千人と比較的少ないため値が振れやすいという面もあるかもしれません。

標準化スコアが3以上の項目:
IX 循環器系の疾患
  ・高血圧性疾患

標準化スコアが2以上の項目:
IV 内分泌,栄養及び代謝疾患
  ・糖尿病
  ・その他の内分泌,栄養及び代謝疾患
VI 神経系の疾患
  ・アルツハイマー病
XIII 筋骨格系及び結合組織の疾患
  ・関節症
  ・脊椎障害(脊椎症を含む)
XIX 損傷,中毒及びその他の外因の影響
  ・頭蓋内損傷及び内臓の損傷
  ・骨折

標準化スコアが2以上の項目はいずれも標準化スコアが大きな値となった基本分類(IV、VI、IX、XIII、XIX)の内訳です。これらの疾病が当該基本分類の大きな値に寄与しているとみてよいでしょう。

以下ではこれらの疾病について広範な県で高い値が出ており、かつそれ以外の県も多くが正値であることをグラフで確認します。「頭蓋内損傷及び内臓の損傷」は総患者数が41千人(データは千人単位です)と少ないので県別の分析は難しいとみなして対象から除きます。

アルツハイマー病や骨折は東京都での増加はそれほど顕著でないためこれまでの分析では取上げていません。それ以外(肩の損傷、高血圧疾患、糖尿病、その他内分泌・栄養・代謝疾患、関節症、脊椎障害)は東京都でも顕著に増加しています。

以下、年次別の標準化スコアのグラフです。値の見方の目安として、2以上なら大きいし3以上なら異例に大きいとみてよいと思われます。もちろんそれ以前の年より値が大きいかどうかも重要です。

(備考: 90年代より2000年代の方が全国的に水準の上がっている項目や、さらに年を追って次第に上昇している傷病項目もあります。とくにその他内分泌・栄養・代謝や、アルツハイマーは顕著です。そうした従来からのトレンド要因も考慮する必要があります。そこで試算してみたところ、3年ごとに毎期一定数増加した場合は(増加の規模や元の水準に関係なく)2011年の標準化スコアが1.3、同じく毎期10%増加した場合は(元の水準に関係なく)2011年の標準化スコアが1.4、毎期20%増の場合は1.5程度です。ですから標準化スコア2や3という値は大きいとみてよいでしょう。しかしここでは保守的に値3以上のものを挙げていきます。)


糖尿病: 2011年の標準化スコアが5以上となったのは栃木、東京、沖縄。同じく3以上となったのは神奈川、富山、石川、岐阜、静岡、広島、香川で合わせて10都県です。
1996-2011年県別標準化スコア_小分類_糖尿病(Ⅳ内分泌,栄養及び代謝疾患)


その他内分泌・栄養・代謝疾患: 2011年の標準化スコアが5以上となったのは宮城、東京、岐阜。同じく3以上となったのは北海道、神奈川、長野、奈良、福岡で合わせて8都道県です。
1996-2011年県別標準化スコア_小分類_その他の内分泌,栄養及び代謝疾患


アルツハイマー病: 2011年の標準化スコアが5以上となったのは埼玉、石川、大阪、宮崎。同じく3以上となったのは青森、岩手、秋田、神奈川、富山、長野、静岡、愛知、三重、和歌山、徳島、香川、佐賀、長崎、熊本で合わせて19府県とかなり広範です。
1996-2011年県別標準化スコア_小分類_アルツハイマー病(Ⅵ神経系の疾患)


高血圧性疾患: 2011年の標準化スコアが5以上となったのは青森、埼玉、東京、岐阜、兵庫、広島、佐賀。同じく3以上となったのは石川、福井、長野、滋賀、岡山、香川、熊本、大分で合わせて15都県です。うちスコア5以上が7都県と多いのが特徴で、とくに岐阜(標準化スコア13.0)と東京(同9.9)は飛びぬけています。
1996-2011年県別標準化スコア_小分類_循環器系の疾患(Ⅸ高血圧性疾患)


関節症: 2011年の標準化スコアが5以上となったのは宮城、愛知、奈良。同じく3以上となったのは神奈川、新潟、静岡、岡山、高知、宮崎で合わせて9県です。
1996-2011年県別標準化スコア_小分類_関節症(ⅩⅢ筋骨格系及び結合組織の疾患)


脊椎障害(脊椎症を含む): 2011年の標準化スコアが5以上となったのは静岡のみ。同じく3以上となったのは宮城、東京、三重、滋賀、徳島、高知で合わせて7県です。静岡県(9.2)は飛びぬけて高い値です。
1996-2011年県別標準化スコア_小分類_脊椎障害(脊椎症を含む、ⅩⅢ筋骨格系及び結合組織の疾患)


肩の障害<損傷>: 2011年の標準化スコアが5以上となったのは宮城、東京、岡山。同じく3以上となったのは愛知で合わせて4県です。一部の県に集中して値が極端に振れている形ですが、もしかすると全体の患者数が少ない(全国で279千人)ためかもしれません。
1996-2011年県別標準化スコア_小分類_肩の傷害<損傷>(ⅩⅢ筋骨格系及び結合組織の疾患)


骨折: 2011年の標準化スコアが5以上となったのは神奈川、静岡。同じく3以上となったのは埼玉、岐阜、愛知、奈良、高知で合わせて7県です。神奈川県(10.8)は飛びぬけて高い値です。
1996-2011年県別標準化スコア_小分類_骨折(ⅩⅨ損傷,中毒及びその他の外因の影響)

全体を通してのコメントは後で書き足す予定です。


患者調査データの分析指標


標準化スコアの特質と代替指標

これまで標準化スコアを使ってきたおもな理由の一つは、異なる疾病・地域・年次のデータを比較するためです。例えば発生率の高い病気ととても低い病気を比較する際、発生率そのものの水準を捨象して平年からの乖離度を見る。また元々年によるばらつきの大きい疾病とそうでない疾病が2011年に通常のばらつきを外れた大きな値となっていたかどうかを見ることにもなります。あるいは人口の多い県と少ない県を比較する際、患者数そのものではなく平年からの乖離度を見る、といった具合です。(もう少し厳密にいうと 患者数=人口×罹患率 と分解できるので、患者数を異なる疾病・異なる県の間で比較すると人口と罹患率の違いが両方影響してきます。)

そうした意味で標準化スコアは優れた指標であり、異例な疾病の増加を見つける上ではとても役に立ったのですが、元のデータに含まれる疾病の規模やばらつきの大きさが捨象される結果、やや抽象度が高すぎて意味をとりづらいという問題があります。

分析の内容に応じてもう少し元データの情報を多く残した指標を使うことで良い結果が得られるかも知れません。例えば患者数を人口で割った罹患率を使えば、都道府県の人口規模は捨象しつつ各種疾病の発生頻度は残すことができます。疾病間の同等な比較は難しくなりますが、同一疾病の都道府県の比較には足りそうです。


全国県別分析(傷病基本分類) 2011年患者調査 総患者数の急増した疾病項目


傷病基本分類別総患者数の全国合計値について2011年の標準化スコア(1996-2008年(3年間隔)の平均値と標準偏差に基づき算出)を再掲すると

標準化スコアが3以上の項目:
IV 内分泌,栄養及び代謝疾患

標準化スコアが2以上の項目:
XVI 周産期に発生した病態
XIX 損傷,中毒及びその他の外因の影響
XXI 健康状態に影響を及ぼす要因及び保健サービスの利用
IX 循環器系の疾患
VI 神経系の疾患

標準化スコアがマイナス2以下の項目:
XV 妊娠,分娩及び産じょく
I 感染症及び寄生虫症

でした。うちIVについては前の投稿で図表を示し、かなりの数の県で2011年に異例の高い値となっていることを見ました。
以下ではそれ以外の分類項目についても広範な県で高い値が出ており、かつそれ以外の県も多くが正値であることを確認します。必ずしも病気というわけではないXXIも比較に含めます。一方でXVIとXVについては総患者数が31千人、121千人(データは千人単位です)と少ないので県別の分析は難しいとみなして対象から除きます。

今回は表は省略し、まず2011年の標準化スコアのグラフを示します。参考のため他の年も含めたグラフを後でまとめて掲載します。

まず全国の標準化スコアが2以上の3項目です。

XXI 健康状態に影響を及ぼす要因及び保健サービスの利用
標準化スコア3以上となったのは青森、東京、富山、山梨、三重、滋賀、兵庫、高知、沖縄の9都県です。この項目にはある程度時系列上の上昇トレンドがあるのですが、それを考慮しても標準化スコア3は大きな値です。

2011年県別標準化スコア_基本分類XXI健康状態に影響を及ぼす要因及び保健サービスの利用

XIX 損傷,中毒及びその他の外因の影響
標準化スコア3以上となったのは埼玉、神奈川、石川、福井の4件です。地理的な分布からみて東日本大震災の影響ではなさそうです。

2011年県別標準化スコア_基本分類ⅩⅨ損傷,中毒及びその他の外因の影響


IX 循環器系の疾患
標準化スコア3以上となったのは埼玉、東京、岐阜、兵庫、香川、佐賀の6都県です。いずれもそれ以前の期間におけるばらつきの範囲から外れた値です(後に掲載のグラフで確認できます)。

2011年県別標準化スコア_基本分類IX循環器系の疾患

VI 神経系の疾患
標準化スコア3以上となったのは岩手、埼玉、石川、静岡、大阪、徳島、佐賀、熊本、大分の9府都県です。

2011年県別標準化スコア_基本分類VI神経系の疾患

同様に前の投稿で見たIV 内分泌,栄養及び代謝疾患(全国の標準化スコアが3以上)についても値の大きな県を確認すると、標準化スコアが3となったのは栃木、群馬、東京、神奈川、富山、石川、長野、岐阜、広島、沖縄の10都県です。

このように全国合計の標準化スコアが大きな基本分類項目はいずれも全国的に患者数が2008年の平均より多く、かつ標準化スコア3以上の県が少なからずあります。また個々のグラフのコメントでは触れませんでしたが、3に近い、あるいは2以上の県もかなりあります。
総じて、これらの病気(IV内分泌・栄養・代謝、VI神経系、IX循環器系、XIX損傷・中毒等)は2011年全国的に患者数が多く、かつ1996年以降の傾向では説明のつかない異例の増加も少なくない県で見られたと言えるでしょう。
これら4種類をあわせてみると基本分類3項目(IV内分泌・栄養・代謝、VI神経系、IX循環器系、XIX損傷・中毒等)いずれかの標準化スコアが3以上となったのは岩手、栃木、群馬、埼玉(2項目)、東京(2項目)、神奈川、石川、福井、長野、岐阜(2項目)、静岡、大阪、兵庫、広島、徳島、香川、佐賀(2項目)、熊本、大分、沖縄の17都府県となります。北海道・東北が岩手しかないことと、西日本の日本海側および太平洋側の県があまりないことが特徴でしょう。
このような分布からみて、東日本大震災の影響によるものとは考えにくいでしょう。被災地以外で増加が目立つのですから。

ただしこうした地理的分布は傷病分類の内訳を見ていけば違う傾向が出てくる可能性もあります。

日本地図塗り分け_基本分類4種の標準スコア3以上ある県



次に全国の標準化スコアがマイナス2以下の項目です。
I 感染症及び寄生虫症
これは全国的に減っています。標準化スコアがマイナス3以下となったのは岩手と秋田の2県です。

2011年県別標準化スコア_基本分類I感染症及び寄生虫症


(参考)

以下、最後に1996年以降の全データを表示したグラフを一括して掲載します。


1996-2011年県別標準化スコア_基本分類XXI健康状態に影響を及ぼす要因及び保健サービスの利用
1996-2011年県別標準化スコア_基本分類ⅩⅨ損傷,中毒及びその他の外因の影響
1996-2011年県別標準化スコア_基本分類IX循環器系の疾患
1996-2011年県別標準化スコア_基本分類VI神経系の疾患
1996-2011年県別標準化スコア_基本分類I感染症及び寄生虫症


(注) 2011年の前の調査は2008年なので、患者調査のデータからは疾病の増加が2009年から2011年の間のいつから始まったのかはわかりません。ただし、人間ドック検査項目別統計(年次データ)では2011年に各種指標が同時に悪化しています(http://snsout.blog.fc2.com/blog-entry-4.html おもに全国合計を分析)。


全国の分析に着手 2011年患者調査 総患者数の急増した疾病項目


これまでの投稿(カテゴリ"患者調査")で東京都のデータは一通り見たのでこれから全国の動向について調べてみます。

まずは全国合計値で当たりを付けます。2011年は福島県全体と宮城県の一部の地域が調査対象外なので値が若干過小となるはずですが、ここでみるような大きな動きの検出にはそれほど問題なさそうです。
疾病基本分類別の総患者数をそれぞれこれまでと同様の方法により年次間で標準化し、2011年間の標準化スコアを計算しました(既往1996-2008年のデータによる平均値と標準偏差を使用)。結果は以下の表のとおりです。基本分類は標準化スコアの大きな順に並べてあります。とくに基本分類Ⅳ(内分泌,栄養及び代謝疾患)の急増が目立ちます。

2011全国計標準化スコア_基本分類

標準化スコアが3以上の項目:
IV 内分泌,栄養及び代謝疾患

標準化スコアが2以上の項目:
XVI 周産期に発生した病態
XXI 健康状態に影響を及ぼす要因及び保健サービスの利用
IX 循環器系の疾患
VI 神経系の疾患

標準化スコアがマイナス2以下の項目:
XV 妊娠,分娩及び産じょく
I 感染症及び寄生虫症



次にこれらの県別動向を確認します。
とりあえず「IV 内分泌,栄養及び代謝疾患」について都道府県別の時系列推移を確認したところ、下の表のとおり2011年は殆どの県で増加しており、しかもそれまでに比べて急な増え方をしている県もかなりあることがわかりました。

都道府県別にみた基本分類Ⅳ(内分泌,栄養及び代謝疾患)の患者数推移



2011年の標準化スコアを棒グラフにしてみるとその様子がよくわかります。3以上の値が10県もあり、東京はその中でも飛びぬけています。

基本分類Ⅳ(内分泌,栄養及び代謝疾患)の都道府県別総患者数2011年の標準化スコア


やや煩雑になりますが他の年も合わせて標準化スコアを折れ線グラフにしてみると、2011年以外の年は全ての件がプラスマイナス2以内に収まっています。標準化スコアが2以上であればかなり高い値と見てよいでしょう。ただし2000年代は1990年代より全体の水準が上がっています。そうしたトレンドを考慮しても標準化スコア3以上は異例に大きな値とみてよさそうです。

基本分類Ⅳ(内分泌,栄養及び代謝疾患)の都道府県別推移 総患者数の標準化スコア


(注) 2011年の前の調査は2008年なので、患者調査のデータからは疾病の増加が2009年から2011年の間のいつから始まったのかはわかりません。ただし、人間ドック検査項目別統計(年次データ)では2011年に各種指標が同時に悪化しています(http://snsout.blog.fc2.com/blog-entry-4.html おもに全国合計を分析)。


カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
全記事表示リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。